スポンサードリンク



⇒誰もが美髪になれるとっておきの秘密

神前婚など和装の結婚式の髪型のポイント

結婚式のヘアスタイルを考える時、最近、生田神社での藤原紀香・陣内挙式効果も手伝ってか、日本の伝統的な挙式スタイルの神前結婚式がひそかなブームとなってきているようです。 和装での髪型ですが、文金高島田でないとダメなのは白無垢の場合です。自髪で結うときは、髪の長さをロングにします。これって、以外と大変じゃないですか?打掛けや振袖なら自髪でのセット、アレンジもOKです。
ただし、打掛けは衣装自体のボリュームを考えて、髪のセットがこじんまりしてしまうと、バランスが悪くなります。

髪のボリュームは人それぞれです。ボリュームがある人はカットなどで調整し、反対にボリュームがない人は付け髪などでボリュームを出して調整していくといいですよ。着物に似合うウィッグもいろいろとありますので、試してみるといいでしょう。ショートヘアの花嫁さんだけではなくて、ミディアムやロングの花嫁さんもお色直しのときのイメチェンに使うといいですよ。

カツラに抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、いまのカツラはナチュラルに見えるし、髪のイメチェンは、別のあなたの魅力を引き出してくれますよ。カツラは一見、似たような感じですが、髷の高さや鬢のはり具合が、カツラをつける人の顔、頭の骨格でずいぶん印象が変わります。印象を変えたいときに役立つのが髪飾りです。たった1本でも全然違いますよ。

カツラの素材も様々です。本髪だけとは限りません。今では人工髪で作られているものもあります。現在花嫁用として使われているのは500g〜600g程度の比較的軽い人工毛が多いようです。首や体にかかる負担も少ないので軽いものを選んだほうがいいでしょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。